韓国の観光スポット
今月の韓国観光地は・・・・
鏡浦台(キョンポデ)
第13回
観光関連の掲示板へGo!

概要

1.鏡浦台(キョンポデ)

十五夜(陰暦1月15日)の月見のスポットとして有名な鏡浦台は、江陵市の中心地から北に約6km離れたところに位置しており、韓国式の家屋でもっとも多く使用される屋根の形である八作屋根の大きな東屋です。この鏡浦台は、地方有形文化財第6号に指定されており、正面6間、側面5間、柱28本からできています。内部には、栗谷(1536~1584) の書いた「天の動きはゆっくりと遅く、より遠く、月はすごく澄んで明るく光をより増している」と言う内容の鏡浦台賦があり、これは栗谷が10歳の時に書いたと言われています。また、高麗時代の15代目の王である粛宗(1095~1105)直筆の詩や曹夏望(1682~1747)の上樑文など、偉人の記文や詩板などがあります。
鏡浦台の周辺には金蘭亭、鏡湖亭、放海亭、海雲亭など12もの東屋が位置しており、現在はひっそりとして自然の美術館といった様子です。美術館に展示されている絵画を鑑賞するように、穏やかな心と目で自然を、そして自然の中の鏡浦台を鑑賞することができ、3~10月には最もきれいな景色を見ることができるでしょう。

問い合わせ : 管理事務所 +82-33-640-4351 (韓国語)
開場時間 : 年中無休(但し旧正月と秋夕当日は休)
入場料 : 大人(19歳以上) 600ウォン 青少年(13歳以上18歳以下) 300ウォン 子供(7歳以上12歳以下) 200ウォン
30人以上の団体の場合、大人400ウォン、青少年200ウォン、子供100ウォン。乳児は無料。


2.鏡浦海水浴場(キョンポデ海水浴場)

鏡浦台から1km離れたところにある鏡浦海水浴場は、鏡浦湖と海の間にある砂浜で、約6kmの美しい砂浜が広がっています。ここは韓国で最もよく知られている観光地の一つで、自然と文化遺跡が調和をなす海水浴場です。

また日の出と日没が美しいスポットとしてもよく知られており、海辺の周りにある4Kmの松林や所どころに咲いている花々も非常に美しく見所になっている他、沖合いには海釣りを楽しむことができる小さい岩があり、ボートで釣りを楽しむ人の姿も見られます。

春には鏡浦入口から鏡浦台にわたって桜祭りが行なわれ、夏には海岸祭りやさまざまな文化イベント(伝統文芸行事、海岸舞踊祭など)が行われ数多くの観光客で賑わいます。

問い合わせ :観光案内電話 +82-33-1330(日本語可) / 鏡浦道立公園管理事務所 +82-33-644-2800 (韓国語)
ホームページ:http://tour.gangneung21.net
開場期間:7月10日~8月20日



 



 



 

 

 

 



 

 
バックナンバー
第1回 ロッテワールド
第2回 ソウルタワー
第3回 昌徳宮
第4回 仁寺洞
第5回 慶州
第6回 済州島
第7回 釜山(ブサン)
第9回 洛山寺(ナクサンサ)
第10回 南怡島(ナミソム)
第11回 五色(オセク)
第12回 五台山(オデサン)